角食 レーズンとプレーン (ストレート法)

このところパンご無沙汰でしたが、ビワシロップの酵母がいい感じになってきたので、角食焼きました。

室温が高いので、一次発酵は発酵器いりません。

 

*角食

強力粉 300g

ストレート酵母 80g

水分 100〜115g

砂糖 20g

スキムミルク 10g

塩 3g

バター 30〜35g

 

いつものように材料全部入れてホームベーカリーの生地コース40分。

 

 

ラップして常温(多分28度くらい?)で放置

 

 

 

 

10時間後

 

 

いい感じです

 

 

 

 

 

半分はそのまま、半分はお湯とラムで戻したレーズンを巻き込んで。

 

 

 

オーブン庫内に放置1時間半。

 

 

 

 

いい感じです。

 

角食の焼きの温度は本によってまちまちなのですが、150℃10分→200℃18分で焼いてみました。

 

 

 

ここまでは本当にいい感じ!

 

 

 

 

 

 

 

せっかくいい感じだったのに・・・

型に油ちゃんとぬれてなくてきれいに型からはずせず。。。

 

 

でも味は、プレーンもレーズンもふわふわで美味しかったです!

 

 

 

 

 

もう1点反省点としては、やっぱりレーズンは1次発酵から混ぜておかないと均一にならない。。当たり前のことです^^;

 

“角食 レーズンとプレーン (ストレート法)” に4件のコメントがあります

コメントは停止中です。