自家製酵母

私のパンのバイブルです。

パン作りを習いに行ったことはありませんが、この本だけでパンが作れるようになりました!

(出来栄えは別として・・・)

はじめはレーズンで酵母を起こしたり、りんご、みかん、ハーブ、米麹などでも酵母を作っていました。でも、ドライフルーツで起こすのが一番安定している気がします。今はあんこさんの本で紹介されていたドライマンゴー酵母を定期的に起こしています。

 

 

 

*ドライフルーツの酵母起こし

⑴広口瓶に水を瓶の1/4ほど入れて、600Wのレンジで1分30秒。

⑵瓶が冷めてから、ドライフルーツ(※無漂白)とその3倍の水、砂糖(素焚糖)、フルーツの10%を入れて蓋を閉めて放置。(前回の残りの酵母があればそれも少し入れます。)

⑶1日1回瓶を振って、開けてプシュー!って泡が立ったら冷蔵で保存。

※ドライフルーツは無漂白で保存料を使っていないものが良いので、レーズンはノンオイルのもの、ドライマンゴーは「無印良品のドライマンゴー」や「くだもの屋さんのしっとりジューシーマンゴー」を使用しています。

パンやお菓子に使う酵母は、ヨーグルト酵母を使っています。

瓶にドライマンゴー酵母(10gくらい)、無糖ヨーグルト(100〜150g)、水(ヨーグルトと同様)、砂糖(素焚糖大さじ1)を足して蓋をして室内で放置。1日から2日でヨーグルト酵母は完成。

 

 

 

 

 

 

ヨーグルト酵母(右)はあと1回パン焼いたら終わりそうです。

以前はこのヨーグルト酵母から元種を作って、パンやお菓子を焼いていましたが、今はこのヨーグルト酵母をストレートで使っています。

“自家製酵母” に4件のコメントがあります

  1. ピンバック: cung song ngư nam
  2. ピンバック: top franchises to own
  3. ピンバック: Security as code

コメントは停止中です。