ヨーグルトの種菌変更

スーパーでジョアの試飲コーナーのお姉さんに乳酸菌のお話を聞いてから、ヨーグルトの種菌について考えてます。

今実験的に朝食には、食物繊維(不溶性と水溶性→ネバネバの海藻、きのこと野菜など)と乳酸菌を摂るようにしています。好みもあるので、乳酸菌については、娘はヤクルトを、パパは自家製ヨーグルト、私は自家製マイグルトで摂取してますが、娘のお通じが顕著に改善しているような・・・

もともと1日1回はあったお通じなのですが、今1日3回になってます…よすぎないか?娘にはヤクルトの乳酸菌が合うのかな。

自家製ヨーグルトもマイグルトも同じヨーグルトから作っているので、この種菌をヤクルトと同じ乳酸菌シロタ株にしてみようかな。。。

試飲コーナーのお姉さんによると、乳酸菌と一緒に善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂ることは、単体で乳酸菌を摂取するよりも腸内環境改善に役立つそうなのです。ヤクルトエースにはオリゴ糖も入ってておすすめらしいのですが。。。

甘酒にはオリゴ糖が含まれてる!

と思い出しました。ということは、乳酸菌シロタ株のヨーグルトを甘酒に入れてマイグルトを作れば一石二鳥じゃない?

早速、ソフールと牛乳を買ってヨーグルト培養です。

調べると低めの温度で発酵させないといけないらしいので、36度で8時間でセットしました。

 

できた!

 

 

しばらくソフール培養でいきます。マイグルトの乳酸菌もソフールで。

 

もちろん僕も